変形性腰椎症だと診断された場合には、変形したものは元に戻せない為に、根本的な治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)は困難と言えます。そのため、痛みに対する保存療法(様々な種類があり、その病院によっても選択できる療法が畭なるでしょう)が基本的な治療方法だと言われています。薬を用いての治療では、消炎鎮痛薬(痛みを感じにくくなる代わりに、自然治癒力も?えるので、急性の激しい痛みを一時的に抑えるために限定的に使用するようにしましょう)や筋肉弛緩薬等の薬をつかって痛みを軽減させます。痛みが激しく発生行う場合には、注射療法(注射によって症状などの改善を目指す療法です)にて神経ブロック注射(慢性的な痛みがある場合に、複?回行うのが一般的です)や局所麻酔(全身麻酔と併用されることもあるでしょう)によるトリガーポイント(部分という意味もありますよね。アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)注射が効果的なのです。また、腰部に対する温熱療法やけん引療法も、痛みには有効だといわれていますので、組み合わせて行う場合もあるのです。日々の生活では、コルセットを装着して腰に負担をかけないようにし、正しい姿勢でくして脊椎の安定化を計ります。痛みが軽い場合には、軽い筋力をつけるためのトレーニングや腰痛体操(日本人にとっては、ラジオ体操が最もなじみの深い体操ですね)等を行って筋力(あまりないのであれね、下半身、つまり、足から鍛えていくといいそうですよ)を付けると、腰痛の予防になるはずです。以上のような治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)で症状は安定してくるですね。変形性腰椎症の場合、原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)が加齢によるものなのですので、どうしても高齢の方が発症しやすくなってしまうそうです。高齢の人は手術を怖がる傾向がある為に、腰の痛みを我慢して病院を受診しない方も多くいらっしゃるでしょう。腰の痛みを我慢するのでに腰を庇うような無理な姿勢を取り長く続けてしまい、症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)もどんどん悪化の一途をたどる事になってしまうようです。変形性腰椎症であるなら、手術が必要になる事はまずません。動き始める際にしょっちゅう腰に痛みを感じるようであれば、一度整形外科を診察してもらう事がオススメですー